フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
画像はサムネール表示ですからクリックして大きな画像にしてください

オリエンタルモーターのドライバーに接続する方法は
差動接続とオープンコレクター接続の2種類があります
以下に接続の方法を説明します





差動ドライブによる接続の説明
DSUB25PtoAM26LS31-20081203A-SILK.png

8Pコネクターの1~4ピンを使用します
WS000269.jpg


殆どのCNCソフトは モーター駆動信号は 1パルス方式です
CK,DIRの信号です

RKD514L-A(2)_ページ_1


CNCインターフェース内部回路に反転バッファ 74HC540 に全てのモーター駆動信号が接続してあります
その為、CNCソフトの設定は モーターポートの設定を 「アクティブ L」 にして下さい。


2012製の基板は不要
CNCインターフェース内部回路に非反転バッファ 74HC541使用


RKD514L-A(2)_ページ_2

CNCソフトの設定です
DIR側はマシンが出来た状態での回転方向に合わせてください
WS000267.jpg

CNCソフトの設定のモーターチューニングで
CK,DIRのタイミングを設定します
オリエンタルモーターでは充分すぎる時間を設定する必要があります
RKD514L-A(2)_ページ_3

モーターチューニング画面で
下の方にパルス幅やタイミングの時間を設定します

WS000268.jpg



RKD514L-A(2)_ページ_4


1パルス方式のタイミングが記述してあります
RKD514L-A(2)_ページ_5










オープンコレクター接続の説明

部品配置図・組み立て図
必要なコネクターは SL24,25,26,27 の5ピン~7ピンです
DSUB25PtoAM26LS31-20081203A-SILK.png

拡大図
WS000254.jpg



オリエンタルモータードライバーは 5相のRK564AW の RKD514Lというデータシートの物です


PDFカタログです

此処に注釈付きを掲載します

RKD514L-A_ページ_1
RKD514L-A_ページ_2
RKD514L-A_ページ_3

画像データはクリックして拡大表示させてその後
 マウスの右クリックしてダウンロード後
参照してください


スポンサーサイト
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています

0.5WのLED
0.1A程度流すものです

今度利用しようと手に入れたものです
基板製作が出来るよう
CNCの整備しよう






















CNCインターフェース基板の
カレントダウン信号生成の説明図

0001.jpg
















CNCインターフェース基板の
D-SUB25PとモータードライバーへのインターフェースICや汎用入出力IC
此処にバッファーを設けています
ノンインバータ(非反転)です


WS000232_20120601172327.jpg


ノンインバート(非反転)です
反転しません

WS000231_20120601162459.jpg


全体図 クリックするとでかい図面で見られます

DSUB25PtoAM26LS31_HC541.png


カレントダウンが正常に効く時に回転方向が逆にしたい場合
此処の条件で逆にするとカレントダウンが効かなくなります
パルスの出る方向が反転すると何時でも信号がある方向でパルスを待機してしまいます
するとカレントダウンが無効に成り不都合です
此処ではカレントダウンが有効な状態にしておきます

WS000328.jpg


回転方向変更はDIR LOWACTIVEを有効無効で行います
2013年12月8日追加 画像

WS000279.jpg







汎用入力はLOWにて入力を検知します
プルアップされた入力です
非常停止も同じです、常時閉のスイッチの場合条件を逆に設定して下さい
+5V電源を設けています

WS000332_20120601173222.jpg



17ピンのオープンコレクターや1,14,16ピンはバッファICによる電圧出力です

WS000330_20120601173221.jpg


テスト時の出力の設定で使用しています

WS000331_20120601173220.jpg



取説の図では判りにくいのでピン番号と信号名をレイアウトを合わせました

DSUB25PtoAM26LS31_HC541_PCB.png




上記の条件でカレントダウンが正常に効く時
モーターの回転方向を逆にしたい時
例として
当社のモータードライバーの時、モーターの配線を 赤、青を入れ替えます
逆方向に回転します
注意・・・・此の時はモーター電源がオフの時行います
電源オンで作業するとモータードライバーのICが壊れます


m-DSCN6148.jpg



もう一つの方法
モータードライバーへの信号の8ピンのコネクター
緑色のDIRが4ピンにしていますが3ピンにすると反転します

m-DSCN6149.jpg











以前、私の説明でMACHの回転方向の設定はコンフィグのモーターのタグで
反転設定で行うと言っていましたが、カレントダウン機能を利用していた場合
カレントダウンの条件ではなくなると回転方向は合っても
カレントダウンが無効になる、MACHの取説でもそのようになっているはずですが
当社のインターフェースを利用してカレントダウン機能を利用したモータードライバーの場合
上記の反転方法が重要になります

変更の優先順位としては
CNCインターフェース基板のコネクター側 差動の場合はDIRの2ピン入れ替え
又は、DIRのピンを4から3に変更

次の手として、モータードライバーのコネクター2PIN入れ替え

2013-12-08訂正





参考にして
長時間切削可能なマシンにして下さい




リンクはエクセルデータです
ダウンロードして参照して下さい


1スタビライザー電源オン/オフ
スタビライザーのみ電源オフにして
自然に冷却ジワジワと下降
https://drive.google.com/file/d/0B7CLtfM4qjI4cG12bHBRLXYxWGs/view?usp=sharing

WS000429.jpg






2スタビライザーオフREF電源オン
REF電源のみオン 2分経過後もジワジワ変動
https://drive.google.com/file/d/0B7CLtfM4qjI4Zjl0TE1Ed1dreXc/view?usp=sharing

WS000430_20150619144324e7d.jpg







3指で触る。息を吹きかける
グラフの6.9871063の所で白いカバーを指で触る、急激に上昇した
グラフの6.9871334の所で白いカバーに息を吹きかけた少し下がった
https://drive.google.com/file/d/0B7CLtfM4qjI4LVl0b0VrdWxVUlU/view?usp=sharing

WS000431.jpg





4 3のその後のドリフト
スタビライザーオフでは温度ドリフトがものすごい
https://drive.google.com/file/d/0B7CLtfM4qjI4Nk5lb3VJM09NMEU/view?usp=sharing

WS000432.jpg





5スタビライザーとREF電源オン
電源オン後直ぐのトレース
6.99013近辺に直ぐ成っている
https://drive.google.com/file/d/0B7CLtfM4qjI4cWdQYy02RlM0Um8/view?usp=sharing

WS000433_20150619144327ad9.jpg





6スタビライザーとREF電源オン2
通常のトレース
https://drive.google.com/file/d/0B7CLtfM4qjI4VUdWTXA1T0IxZnM/view?usp=sharing

WS000434.jpg





7スタビライザーとREF電源オン3
通常のトレースその後
https://drive.google.com/file/d/0B7CLtfM4qjI4WVdyTnB5VC0yb3M/view?usp=sharing

WS000435.jpg




















P5010097_R.jpg




P5010098_R.jpg





P5010099_R.jpg










P5010103_R.jpg





P5010104_R.jpg





P5010105_R.jpg



















50Wの投光器の本体
280×230×深さ50×ヒダ13

P5010100_R.jpg





P5010101_R.jpg





P5010102_R.jpg




















最新版の部品表です
画像をクリックすると大きな表が別画面に現れます

WS000104.jpg







抵抗をシリーズに入れて電流制限します
100Ω×5個
直列抵抗 500Ω50W
放熱対策します



タイマーを起動して時限後抵抗をショートして電流を最大限流れるようにします
AC100Vコイル
1から数秒で様子見る


WS000053_2014121705372883f.jpg















MACH のPORT2 の2-9PINが入力設定の時のインターフェースボード
IC1を74HC245に変更して入力モードに切り替える
入力をプルアップと入力保護抵抗を新設
その他は不要な回路を無視する

E5560001.jpg



全てのパーツを差し込んだところ
今までの入力5点+出力4点はそのまま
8点が新規の入力になる

CIMG4506_R.jpg





CIMG4507_R.jpg



8ぴんのコネクターが入力2点+ 5V + 0V

CIMG4508_R.jpg





CIMG4509_R.jpg





CIMG4510_R.jpg















X軸が動かない
波形が出力されていない

WS000351.jpg



修理後正常に出力しています

WS000352.jpg



ロジアナは32チャンネル同時観測

P6230041_R.jpg



専用のアダプタケーブル
接続
X,Y,Z,A軸の差動信号とオーブンコレクタ信号と電源

P6230042_R.jpg



差動ドライバーを取り外し

P6230045_R.jpg



不具合のIC

P6230048_R.jpg




















内線規定

部品表のリンク

https://drive.google.com/file/d/0B7CLtfM4qjI4NGVQcFVULXZRYmc/edit?usp=sharing








MACH等のモーター駆動信号は
CK,DIR
クロック、回転方向
の1パルス信号です

正転クロック、反転クロックの2パルス方式のドライバには直接接続できません


下記の回路は2014/02/20 2:20訂正

WS000138_20140220022710d86.jpg

入力は74HCT00を使用して
スレシュホールドレベルを下げます

モータードライバーのAM26LS31を利用します


























電圧信号時には高速対応するのとインピーダンスを高く軽負荷としている
通常のスイッチ信号時には時間的に問題が出ない領域のことですが

オープンコレクタの信号ではどのように成るのか見てみる
100Kのプルアップ抵抗とコンデンサの効果でオフ時に少し鈍るしバラバラと変化したノイズも出る
通常のスイッチ信号時には時間的に問題が出ない領域のことです

オープンコレクタの信号では
プルアップ抵抗の低抵抗化やコンデンサの除去の確認をしてみる









モーターにフラグを付けてホトインタラプタにて光を遮光するスリットにする
ch0 input
バッファの入出力に成る
ch1 output

WS000357.jpg



SL14-10PINのコネクターより信号を入れる
0Vから5Vに立ち上がり時にデレーにて信号がバタつきます
R10は100K
R2 は10K
C7 0.01

WS000356.jpg



高速でオープンコレクタのホトカプラを5mAでドライブ
R10は100K --> 1K ドライブ電流を流して高速信号とノイズに強くする
R2 は10K --> 1K 少しでも高速に対応するようにしてみた
C7 は取り除く・・・遅れをゼロに近づける

WS000361.jpg





WS000263.jpg





ロジック電圧 HIは 『0.75×5V=3.75V』
最低これ以上無いと動きません

ちなみに、ロジック電圧 LOWは 『0.25×5V=1.25V』
最低この電圧以下にして下さい

WS000158.jpg















> これは、単相入力100VをDC280V出力します
> これを安川ACサーボドライバー(入力単相AC230Vまで)
> に電源として使用してよいものか、(DC280V出力なので)
>

単相や三相の入力の電圧違いや相数の違いによる効率や電圧を
補正する物です

単相や三相を整流すると平均値は電圧の1.4倍(√2)です
200V時には200×1.4=280です
そのまま接続してください













信号は 
回転パルス信号 CK
回転方向信号  DIR
以上の1パルス方式になっています
此はインターフェース基板がそうなのではなく
コンピュータのCNCのソフトが全世界の標準になっています
インターフェース基板はその信号をそれぞれのモータードライバーに
最適な信号に変換しています此は当社の初期からの標準の物です

たとえば

CK+
CK-
DIR+
DIR-
のような信号をサーボモータードライバーに接続する
『差動信号』

8Pコネクター
1-PULSE
2-/PULSE
3-DIR
4-/DIR
5-
6-
7-
8-


そのほかこの片側のみ利用する
『電圧出力』

8Pコネクター
1-
2-/PULSE
3-
4-/DIR
5-
6-
7-+5V
8-0V




また、コレクターがドライバーに直接接続して電流信号とする
『オープンコレクター』

8Pコネクター
1-
2-
3-
4-
5-PULSE
6-DIR
7-+5V
8-0V



上記のように色々とそれぞれのドライバーが異なる物でも接続が可能です

コンピュータの信号は同じですが
繋がるモータードライバーが異なるので
インターフェースが必要になります


【パラレル・インターフェース】 CNCインターフェース基板とサーボ系の接続



PMM-BA-5603-1モータードライバーの資料抜粋

WS002234.jpg





WS002235.jpg





WS002236.jpg











下記に当社のCNCインターフェースとの接続図を記します

CNCインターフェース基板との接続図













コンバータを組み立て
100V入力の倍電圧

伊藤様インバータ化




1.5KW
此処の環境では290Vの直流電圧でした

m-DSCN6178.jpg



モーターの配線はテスト用モーターの配線を利用しました
電源はR,Sに接続しました

m-DSCN6179.jpg


上の図のコンバータ回路を利用しました

WS000172.jpg




ブリッチダイオードは放熱を良くする
アルミ板などをねじ止めした方がよいです
コンデンサはタッパなどの絶縁ケースに収納すればいいです

m-DSCN6180.jpg



細い信号線はシールド外皮の通信ケーブル使用
ケーブルに負荷がかかると切れてしまうので
ケーブル外皮をインシュロックタイで完全に固定する

m-DSCN6181.jpg



スタートスイッチ ・停止スイッチ・回転方向切り替えスイッチ・回転数可変ボリューム
スイッチをパネルに取り付けるときは
写真の配線の直ぐ上の白い樹脂を押して取り付けねじ部と本体を分離する

m-DSCN6183.jpg



半田付けしていて
半ズボンで太ももに熱い物が落ちたと手でずらしても熱いのに
なんか直ぐ判断が出来ず2カ所コテの跡がついてしまう
脳みそが何が起きたか判断するのに時間がかかりすぎた
斜めの火傷はヒリヒリする
鏝の形が見えます

m-DSCN6184.jpg







パラメータは回路図のように変更してテストしました
パラメータ変更時にはモニターケーブルが便利です
図のように全体が見通し出来ます

m-WS000272_20120803191517.jpg

WS000270_20120803191058.jpg











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。