FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/14 に測定していた物を
2010/09/12 10:52 に再測定してみた

測定条件は 温度条件が大分異なります

2009/04/14 に測定していた時は23.5℃
2010/09/12 10:52 に再測定した時は30.0℃ 何れも、横河の温度調節計の指示で
早1年以上経過しています

でも凄いのは、日通工と日立のフィルムコンデンサーの特性です
約温度差5度で 測定値の差が 

日通工のサンプル #2 が
前回 23.5度時 0.9880uF D0.0038
今回 30.0度時 0.9896uF D0.0040
 差  6.5℃  0.0016uF D0.0002


LL-DSCN4119.jpg
LL-DSCN4121.jpg


LL-DSCN1360.jpg
LL-DSCN1383.jpg






日立のサンプル #2 が
前回 25.4度時 0.09960uF D0.0037
今回 30.0度時 0.09952uF D0.0034
 差  4.6℃  0.00008uF D0.0003


LL-DSCN3966.jpg
LL-DSCN3963.jpg
 


LL-DSCN1360.jpg
LL-DSCN1385.jpg



可成り良い素性のコンデンサと思います
是非何かに利用したいですね
フィルターとか信号生成とか
時定数回路に良さそうです
スポンサーサイト
測定準備
ショート補正
極力短い低抵抗の物でショートします


Nm-DSCN0796.jpg

抵抗・コイルなどのゼロ補正
Nm-DSCN0797.jpg

オープン補正
コンデンサなどの浮遊容量をキャンセルします
此をやらないと PF単位がいい加減に成ります


Nm-DSCN0798.jpg

補正後 表示が 0.00PFに成ります
NFブロックの計測器は安定していますが
此の補正は凄く簡単なので
時々行うと良いです


Nm-DSCN0799.jpg

本日も肌寒い風が吹いています
昨日と異なり 曇天です
桜は未だ花びらが散りません
凄く寒いので夜桜は厳しいかも

でも半導体の計測日和ですね


Nm-DSCN0800.jpg

本日のターゲットも
ポリプロピレンコンデンサ 1000PF 1パーセント表示の物です
-1.8PF=-0.18% ですね
グレート



Nm-DSCN0801.jpg
風は肌寒いですが
日差しは凄く晴れた良い天気

計測日和???

Nm-DSCN0791_20100408145549.jpg


先日購入した物
凄くチープですが
安定計測しています
Nm-DSCN0794.jpg


ポリプロピレン 1000PF 1パーセントの物を
計測データ写真付きで販売している物です

Nm-DSCN0790_20100408145548.jpg
Nm-DSCN0792_20100408145548.jpg
Nm-DSCN0793.jpg
Nm-DSCN0795.jpg

計測器の基本誤差 MAX 0.1% の NFブロックの物です
ドリフトは余りしない、とても良い測定器です

コンデンサ計測の ゼロ補正 は、時々 オープンモードの補正スイッチを押すだけです
コンデンサの計測データをPicasaにて閲覧するようにしました
ホームページにすると時間が掛かりすぎコストが抑えられません

凄く低価格の特性の良いフィルムコンデンサを是非ご利用ください

オーディオ
各種アナログ
フィルター
等に是非ご利用ください

リンク

フィルムコンデンサ日立104


フィルムコンデンサ日通工104


フィルムコンデンサ日通工105MDD


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。