FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
プローブを動かすのはJOGか自動になりますが
自動の場合スクリプトを書きます
でも世界の各所で色々な方がスクリプトを作り公開しています
使用方法など下記にリンクを



MACHのタッチプローブのメモ
http://secsuzuki.blog19.fc2.com/blog-entry-1140.html

円の中心
http://secsuzuki.blog19.fc2.com/blog-entry-1141.html

Z 原点 検出
http://secsuzuki.blog19.fc2.com/blog-entry-1143.html

XYの辺のエッジ検出
http://secsuzuki.blog19.fc2.com/blog-entry-1144.html

タッチプローブのあれこれ
http://secsuzuki.blog19.fc2.com/blog-entry-1196.html


タッチプローブについて
http://www.eonet.ne.jp/~smd/CNC_SONOTA.html


私が改造したスクリプトはテストしていません
タッチ後退して微速計測後後退
というつもりです



プロファイルに使うのが本質でしょうか
スポンサーサイト



世界を見渡せば色々な方法で刃物の高さやワーク原点を実現しています
テクニックを見るのも大切ですね



MACHの機能に基準ケージのオフセットが出来ますから
何か基準が判れば絶縁処理をして刃物と基準ゲージのタッチした所を検出し
オフセットすればワーク原点が判ります


私は現在  の方法です、12ミリのブロックに絶縁が必要なときはアクリルの板を挟んで
高さを検出しています
ワークの上で計測した場合

オフセットはそのゲージブロックと絶縁板の合計を差し引いたものです
フロア原点の時は更にワークの高さを差し引きます