FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています

MACH等のモーター駆動信号は
CK,DIR
クロック、回転方向
の1パルス信号です

正転クロック、反転クロックの2パルス方式のドライバには直接接続できません


下記の回路は2014/02/20 2:20訂正

WS000138_20140220022710d86.jpg

入力は74HCT00を使用して
スレシュホールドレベルを下げます

モータードライバーのAM26LS31を利用します

























スポンサーサイト



カレントダウンは其の意味はモーター動作電流をずっと流すと
モーターが過熱するのを押さえるという意味があります

動作電流と停止時待機電流の2つの動作電流が理想なので
動作時の電流は多く停止時は少なくする機能を用意しています

デップスイッチのカレントダウンは
カレントダウン調整時などに強制的に其のモードを作り出せる物です
端子台の C/Dに+5Vを加える物です

端子台の C/Dに外部から+5Vを加えるとカレントダウン動作をします


又は、REFにて外部から接点信号などで0V等に接続するとモーター電流が流れなくなります
又は、REFに流したい電流値に対応する電圧を加えればモーター電流が其の設定になります

> Mach3で動作させる場合、一つのポートで制御していますが
> この出力をフライスの場合、各軸(X.Y.Z.A等)に入力し
> ても良いのでしょうか?

MACHの場合1個の信号で行っています
当然前日が停止後カレントダウン動作に移行するので
バラバラに動作するモーターの過熱上昇は避けられません
それでもカレントダウンした方が過熱上昇は抑えられるので有効です