FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
一昨日のユニバーサル配線の結果は
一カ所の変更も無しで、無事テスト完了

カレントダウンのタイミングも凄く良いです

回転方向の波形も綺麗に発生しています

ドライバーは 相2A です。
カレントダウン時 1A としました
放熱器も使用しました
ドライバーは凄くクールですが
モーターは熱くなりますね
凄く熱く成る訳では無いので良しとします

回路はイーグルで製図
ユニバーサルで配線
トランジスターなどのパーツライブラリーが
日本製のが見当たらず、適当な物にしたら
オートルーターでは足ピンが異なっていますね



波形モニターはロジアナを使用
凄く簡単に波形が観測出来ました

LL-DSCN2235.jpg


LL-DSCN2242.jpg


LL-DSCN2239.jpg


WS001245.jpg


WS001246.jpg


SLA7078MPRや5相のドライバー基板の
CK,DIR信号生成回路+カレントダウン回路

87_2_43.jpg
スポンサーサイト



ご依頼により表題の事をしています

ファナックの手動パルス発生エンコーダーを当ショップのステップモータードライバーに繋いでも片方向のみ駆動する事は可能ですが逆転するには工夫が必要です

其処で色々無い知恵を絞り
実験回路を組みました

序でに、カレントダウン回路も組み込みました

明日試運転調整してみます
動くかどうか。

WS001244.jpg


LL-DSCN2230.jpg


LL-DSCN2232.jpg


LL-DSCN2233.jpg
Q1 商品説明に添付されている写真や回路図
クリックしても凄く見えにくい

A1 ウィンドウ画面を右クリックの後プルダウンメニューの保存にて、ご自分のコンピュータに保存後、参照ください

手順1
商品説明の所で写真や回路図など表示してあること
WS001231.jpg


手順2
プレビュー画面をクリックして別ウィンドウを開きます
WS001232.jpg


手順3
別ウインドウにカーソルを合わせ右クリックにてプルダウンメニューを表示させます
WS001233.jpg


手順4
プルダウンメニューの名前を付けて保存を選択して
ご自分の環境で参照しやすいホルダーに保存します
WS001234.jpg


後で参照しやすいところに保存してください
WS001235.jpg


手順5
私はデスクトップに保存しました
アイコンをクリックすると画像が見えます
WS001236.jpg


以下同じように他の物も同様に参照した説明です
可成り大きな図面なども登録してあり
プレビューでは何だか理解不能の図面ですが
ご自分のコンピュータにてダウンロードした物を閲覧したら
細かいところもバッチリ見えます
必要ならプリントアウトしてください

WS001237.jpg


WS001238.jpg


WS001239.jpg


WS001240.jpg


WS001241.jpg


WS001242.jpg


WS001243.jpg

高機能テキストエディタ

CNCインターフェース用基板 TD62083

+5Vラインとの切り離しの為パターンカットします
LL-DSCN2038電源カット


+5Vラインにプルアップ抵抗をCK,DIR(C/C)に接続します
LL-DSCN2040電圧インターフェース


+5Vラインと0Vラインをコネクターにジャンパー接続します
LL-DSCN2035電源改


A軸DIR(C/C)信号をジャンパー接続します
インターフェース用のICがTC62003からTC62083に変更したための改造です

WS001217.jpg



回路図です
オープンコレクタ62083+74LS541