FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
2010年10月2日改訂版



CNCインターフェース基板と当社2相の接続

ドライバー側 ---- CNCインターフェース側 8ピン
.CK               2
.DIR              4
.+5V             7
.0V               8

対応するパラレルポート番号と8ピンの接続図

WS000255.jpg

インターフェース側 20090120
Nm-DSCN3662.jpg




2相の基板のレイアウト
実際のシルクが
右側上の端子台に
CNCインターフェースからのカレントダウン信号はREF端子に接続します
此は単独信号線です

DIR,CKもCNCインターフェースから
+5V,0Vと一緒の4芯コードで接続します

+5V,0Vは右下の端子台に接続します




139_4_45.jpg







新型 2相基板 2009/02/15
Nm-DSCN3719.jpg

CK(白),CW/CCW(緑),+5V(赤),0V(黒)
の接続位置
Nm-DSCN3721.jpg


カレントダウンは デジタルトランジスタとR9のボリュームは使いません
新規端子台の REFに接続します

WS001047.jpg








5相のレイアウト
CC=DIRとしてください
CK,DIR,0Vを端子台の所に接続します


WS000258.jpg

デップスイッチの4番の所 REFの信号です
裏面に半田付けします
デップスイッチは必ずオフにしておいてください

WS000257.jpg




全て画像をクリックして拡大し
その後右クリックでダウンロードしてから参照してくださいよく見えます

スポンサーサイト