FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電圧信号時には高速対応するのとインピーダンスを高く軽負荷としている
通常のスイッチ信号時には時間的に問題が出ない領域のことですが

オープンコレクタの信号ではどのように成るのか見てみる
100Kのプルアップ抵抗とコンデンサの効果でオフ時に少し鈍るしバラバラと変化したノイズも出る
通常のスイッチ信号時には時間的に問題が出ない領域のことです

オープンコレクタの信号では
プルアップ抵抗の低抵抗化やコンデンサの除去の確認をしてみる









モーターにフラグを付けてホトインタラプタにて光を遮光するスリットにする
ch0 input
バッファの入出力に成る
ch1 output

WS000357.jpg



SL14-10PINのコネクターより信号を入れる
0Vから5Vに立ち上がり時にデレーにて信号がバタつきます
R10は100K
R2 は10K
C7 0.01

WS000356.jpg



高速でオープンコレクタのホトカプラを5mAでドライブ
R10は100K --> 1K ドライブ電流を流して高速信号とノイズに強くする
R2 は10K --> 1K 少しでも高速に対応するようにしてみた
C7 は取り除く・・・遅れをゼロに近づける

WS000361.jpg





WS000263.jpg




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。