FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MACHをインストール後ドライバーを認識するために
ウインドウズを再起動させます
その後MACHを初期設定します

まず、Configの項目を選択してプルダウンメニューを出します
Select Natave Unitsを選択して 制御を ミリ単位かインチ単位かを設定します
初期値はインチです
此処ではミリに設定しました
WS000000.jpg


WS000001.jpg


WS000002.jpg


次にPorts and Pinsをコンフィグのプルダウンメニューで選択します
WS000003.jpg


プリンターポートのOSのハードウエアと一致させます
初期値は Port#1になっています
私はパソコン本体の接続ですから、初期の Port#1のままです
Kernel Speed は 25000Hzの初期値です
早くすると追いつかなくなるようです
WS000004.jpg


WS000005.jpg


モーター駆動パルス関係のポート設定
私の設定は画像のようにしました
WS001277.jpg


モーターのテスト運転用に仮の設定をします
マイクロステップの 1/8 に設定しますので
モーターが1回転200パルス*8として
1600パルス1回転とします
WS000009.jpg



SW-2,4(M1,M3)
の箇所をON(下側)にすると Hに成り 1/8ステップになります
仮にこの様にしておきます
WS000248.jpg

NS-DSCN2906.jpg


現在座標をリセットするために
非常停止をクリアします
WS000014.jpg


WS000015.jpg


仮に、リセットが出来ない時に
「Active Low」を切り替えてみて下さい
WS000247.jpg


0に成って無い所を0セットします
WS000016.jpg


WS000017.jpg


回転速度を取り敢えず設定します 6を100にしました
6だと トロトロなので
WS000011.jpg


WS000012.jpg


MDIのタブで画面を切り替えます
数値設定にて回転させる準備をします
WS000019.jpg


X,Y,Z軸 同時に同じ方向に回り同時に停止します
100回転します
WS000020.jpg


パソコンのタブキーを押すとジョグパネルの画面が出現して
各軸のジョグが可能です
WS000010.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。