FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
画像はサムネール表示ですからクリックして大きな画像にしてください

オリエンタルモーターのドライバーに接続する方法は
差動接続とオープンコレクター接続の2種類があります
以下に接続の方法を説明します





差動ドライブによる接続の説明
DSUB25PtoAM26LS31-20081203A-SILK.png

8Pコネクターの1~4ピンを使用します
WS000269.jpg


殆どのCNCソフトは モーター駆動信号は 1パルス方式です
CK,DIRの信号です

RKD514L-A(2)_ページ_1


CNCインターフェース内部回路に反転バッファ 74HC540 に全てのモーター駆動信号が接続してあります
その為、CNCソフトの設定は モーターポートの設定を 「アクティブ L」 にして下さい。


2012製の基板は不要
CNCインターフェース内部回路に非反転バッファ 74HC541使用


RKD514L-A(2)_ページ_2

CNCソフトの設定です
DIR側はマシンが出来た状態での回転方向に合わせてください
WS000267.jpg

CNCソフトの設定のモーターチューニングで
CK,DIRのタイミングを設定します
オリエンタルモーターでは充分すぎる時間を設定する必要があります
RKD514L-A(2)_ページ_3

モーターチューニング画面で
下の方にパルス幅やタイミングの時間を設定します

WS000268.jpg



RKD514L-A(2)_ページ_4


1パルス方式のタイミングが記述してあります
RKD514L-A(2)_ページ_5










オープンコレクター接続の説明

部品配置図・組み立て図
必要なコネクターは SL24,25,26,27 の5ピン~7ピンです
DSUB25PtoAM26LS31-20081203A-SILK.png

拡大図
WS000254.jpg



オリエンタルモータードライバーは 5相のRK564AW の RKD514Lというデータシートの物です


PDFカタログです

此処に注釈付きを掲載します

RKD514L-A_ページ_1
RKD514L-A_ページ_2
RKD514L-A_ページ_3

画像データはクリックして拡大表示させてその後
 マウスの右クリックしてダウンロード後
参照してください


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。