FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DCブラシレスモーター実験に 
三相センター付きの4線式と無しの3線式に対応

電源コネクターとモーターの配線は圧着済み添付
簡単にボリュームにて回転数が可変できます
電流制限も別のボリュームにて設定
ドライバーはMP6403なので、結構なモーターも回せそう

WS001350.jpg



電源は24V使用 別途電流計が有った方が良い
38_1_04.jpg



HDDスピンドル等が簡単に回る



デスク研磨機テスト


CDドライブのスピンドルモーター



少し大きなモーター


DCブラシレスドライバーは3線式の結線でコネクターが製作してあります
4線式にて運用するときは、
ジャンパー線を取り除いて
Cを中線に接続してください
電源は+24Vを用意して下さい
電源電流が判るように電流計があるとテストがスムーズに出来ます
黄色の多回転ボリュームにて回転設定します
青のボリュームにて電流が流れすぎないようにします
デジタルスイッチは設定できないようです・・・無視しても動きに変化無いです

CN1
1 +24V
2 0V


CN2
1 3線式の時2番端子とジャンパーします
2 4線式の時の中線
3 W モーターコイル
4 V モーターコイル
5 U モーターコイル

モーターの回転方向を逆にするときは
モーターの何れかの2本を入れ替えて下さい
電流が流れすぎてモーターが停止したときは
電流設定値を下げて下さい
モーター電源を一旦停止して再投入して下さい
過電流状態を続けないようにして下さい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。