フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CNCインターフェース基板と当社2相の接続

CK,DIR,0Vの接続図

WS000255.jpg

インターフェース側 20090120
Nm-DSCN3662.jpg


旧型 2相基板側 20090120
Nm-DSCN3663.jpg

2相の基板のレイアウト
実際のシルクが
CCは CKとしてください
CKは DIR=CW/CCWとしてください
シルクがCK,CCが逆でした

0Vはそのまま接続します

WS000259.jpg


REFに半田付けします
WS000260.jpg

カレントダウンの信号線 20090120
Nm-DSCN3664.jpg





新型 2相基板 2009/02/15
Nm-DSCN3719.jpg

CK(白),CW/CCW(緑),+5V(赤),0V(黒)
の接続位置
Nm-DSCN3721.jpg

カレントダウンは デジタルトランジスタとR9のボリュームは使いません
旧タイプと同様に REFに接続します

WS000204.jpg







5相のレイアウト
CC=DIRとしてください
CK,DIR,0Vを端子台の所に接続します


WS000258.jpg

デップスイッチの4番の所 REFの信号です
裏面に半田付けします
デップスイッチは必ずオフにしておいてください

WS000257.jpg




全て画像をクリックして拡大し
その後右クリックでダウンロードしてから参照してくださいよく見えます

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。