FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前の資料の繰り返しになりますが
此処の資料を参照して下さい。補完しました

「5相ステップモーター運用・テクニック」


「技術資料」




5相のロジック入力条件

0-5Vの間 ロジック電源電圧までの入力電圧です

WS000323.jpg

ロジック入力真理値表
WS000324.jpg



設定電流の計算

検出抵抗 RS の所の電流値 IO 。モータ相電流 IOM

IO=2XIOM

IO=VREF/RS

2A迄の設定では R1=510Ω
3A迄の設定では R1=390Ωとします

RS=0.33//0.33Ω=0.165Ω

REF最大値 1V

6.0A(IO)=1V(VREF)/0.165Ω(RS)

IO=2XIOM
ということは
モーター電流 (IOM)は
設定電流 (IO) の関係は 設定電流 (IO)の半分の値が モーターの相電流となります

その時のREFの電圧が 1V=3A の相電流となります


WS000325.jpg

パワーダウンはカレントダウン用の設定ボリュームを0Vに接続すると
機能します
外部にて機能させるためにオープンコレクターなどのトランジスタにてOVに接続します

WS000326.jpg

モータ電流設定の抵抗値の説明

電流を増やすため R1=390ΩにしたときRS//0.33Ωとして下さい
0.33Ωを並列にするため REFとGnの穴を利用して下さい

WS000327.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。