FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MACHの出力波形が今迄充分なサンプル量を計測出来なかった
其処で、ロジアナのサンプル量のとれる物を用意して
計測してみた

今迄歯抜けのような波形と思っていたが

全然異なる綺麗な波形ですね


本日届いたばかりの
Logic
箱入りで届いたのですが
封がしてありませんでした
何でしょうか、発送が俊足なので忘れたような気がします

ケースに入っています

Nm-DSCN1211.jpg


予備のコードも注文したのですが
此のケースに楽に入ります

Nm-DSCN1212.jpg


ケースの裏にピンの順番が書いてあります

Nm-DSCN1213.jpg


アースは灰色です
黒から紫まで0-7に成っています

Nm-DSCN1215.jpg


では波形を取得してみましょう

Nm-DSCN1216.jpg




表の順番は上から

0CH=X,CK
1CH=X,DIR
2CH=Y,CK
3CH=Y,DIR
4CH=Z,CK
5CH=Z,DIR
6CH=A,CK
7CH=A,DIR
と成っています

先ず全体を、高分解能で観察
4MHzサンプリング
今回は楽に10秒以上取り込み出来ます

WS000198_20100817161736.jpg


立ち上がりの所

WS000199_20100817161735.jpg


立ち下がり後回転方向切り替えその後立ち上がり

WS000201_20100817161734.jpg


プログラム上は全ての軸が-10.00
ですが、未だ、A軸が減速終了していないのに
次の指令の 全軸原点まで移動の指令が実行始めています


(此は、MACHからの信号をリアルにバッファーICのみ通してみています
 MACHからの信号が少しずれているのが此のLogicアナライザーで良く解ります)



WS000202_20100817161734.jpg


前後しますが
最後の軸の回転方向切り替え時

WS000203_20100817161733.jpg


全軸原点移動完了
殆どが同時に完了しています

WS000204.jpg


全軸が原点移動の前の
A軸の遅れの拡大

WS000205.jpg


この程度は許容のことなのかも
実切削のデータとしてはこの様な物は無いので
今迄問題ないので良しとしましょう

WS000206.jpg












スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。