FC2ブログ
フリーエリア
エレ・メカ・ホビーショップSEC のアイテムなどの解説 応用、使用方法、注意点、既知の問題などをお知らせしています

X,Y軸を5相ドライバーに設定しました
A,軸を2相ドライバーに設定しました

Nm-DSCN4436_20110502142306.jpg



電源はACアダプターを使用
2相と5相の系列に1個ずつ使用

Nm-DSCN4437.jpg



配線の長さは不定なので長くしておきます

Nm-DSCN4438.jpg


5相のカレントダウンの信号は基板の改造で直接端子台に接続しています

Nm-DSCN4440_20110502143559.jpg



5相モーターは仮のオリエンタルのモーターです

Nm-DSCN4441_20110502143558.jpg



5相の電源端子台の接続です

Nm-DSCN4442_20110502143558.jpg



2相の信号と5Vの端子台の接続です

Nm-DSCN4443_20110502143556.jpg



2相のモーター電源端子台接続です

Nm-DSCN4444.jpg



2相モーター接続です、仮にオリエンタルのモーターを接続しています

Nm-DSCN4445_20110502143555.jpg



5相基板の全景です

Nm-DSCN4447.jpg


2相基板の全景です

Nm-DSCN4448.jpg



カレントダウンの4Pコネクターです

Nm-DSCN4449.jpg



8Pコネクターにて各モータードライバーに接続します
今回は当社ドライバーへの電圧接続にて結線します

Nm-DSCN4450.jpg



カレントダウン信号用のボリュームはX,Y軸の5相ドライバーはドライバー側にてボリューム設定します
CNCインターフェース側は、停止時の電流が最小になるようにボリュームを回しきります

2相は、こちら側で設定します

Nm-DSCN4451.jpg



5相のカレントダウン信号を直接端子台からボリュームへ繋ぎます
パターンカットとジャンパー改造しました

Nm-DSCN4446.jpg









スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック